スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電磁波おんな 其の一

昔、「くち裂けおんな」という都市伝説がありました。
自分の所有する、とある区分ワンルーム
あぁ、なんという事でしょう!

「電磁派おんな」に


憑りつかれてしまいました。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

おかげさまで、3連休はブログもほったらかしにしたまま
ランキングなんて気にせず、ノンビリさせていただきました。

さてこの話、以前紹介した「(仮称)赤羽不動産 vs オオカミさんvs kkenji君」対談にも登場した話です。

さて、ふくちゃん、モテタイ一心で、
賃貸業が上手く行ってるふりしてますが、
実は結構苦労しています。
既に退去したしまった物件なので明かしちゃいますが・・・

遡ること2007年
一番最初に買った
16m2程度の3点UBワンルーム。
(良くあるパターンですね・・・汗)
横浜にある育毛剤みたいな名前の仲介から買いました。
いちおー、東横線駅徒歩10分以内、2階以上、管理状況よし。
利回りは表面12%、最初の物件としては、可もなく不可もなく。

ですが、買って早々、コケマシタ。
はい、5月末に引き渡してすぐ、7月末の退去通知。
ちょっとやられた感はあります。

7月末退去はきついですね~
育毛剤の会社では当然賃貸付けできず
駅地元の仲介を何件も渡り歩いて一般媒介でお願いして、
室内も、床とクロスだけ、さら~とオシャレにリフォームして
第二繁忙期も終わりかけた10月初旬にようやく申込み。

ただし属性が微妙。

「年齢40台後半の女性。以前は某第二電電系の企業に勤めていたが、現在は将来の為に技術をつけるべく職業訓練校でCADの勉強をしており、失業保険で生活している。」

仲介さんいわく、「受け答えのしっかりした、とても真面目な方なので大丈夫です。当初の半年間は家賃振込日を5日にしてもらいますが、それ以降は必ず前月末までとします」

半年過ぎて当初、きちんと家賃も振り込まれていました。
しかし数ヶ月すると5日ほど遅れだす。
電話(当然留守電)に伝言すると、5日過ぎには必ず入金される。
うーん、まあよいかと・・・

ところが更に数ヶ月した頃のこと、5日を過ぎても入金がありません。ちょうど月末からインドへ出張してました。時差は5時間、昼間は会議もあって督促なんてやってられません。この時ばかりは(仮称)赤羽不動産の社長に頼みました。

ところが社長いわく

「店子さん、携帯つながらないよ」

結局、帰国してからマンションへ訪問して、ポストに手紙を投函すると、ようやく振込がありました。
その後分かったのですが、職業訓練校を卒業しても就職できず
流行の(?)生活保護者となったようです。

はい、生活保護物件所有してました~~!(自爆)

その後も微妙に遅れ気味ながら、家賃は払い続けたので良しとしていました。
一回、更新してくれたし。
ちなみに更新料は分割払いです(大汗)

ところがある日。

プライベートな楽しい時間
(笑)を郊外の一室で過ごしていると
(どこで何してたかは、具体的には訊かないでね)
携帯にその店子から電話がありました。

「ふくちゃんさんですか? このマンションは、

何か政府の特別な機関

が入っていませんか?」

言っている意味がわかりません。

「壁の中から電磁派が聞こえるんです。しかもガスの臭いがして。時々玄関から汚物の入った空き缶が投げ込まれたりもします。このマンション、ふくちゃんさん買ってから建物を改造していませんか?」

や、やばい・・・・
メンタルだ・・・・
統合失調症というやつ

ここは冷静に・・・っと。

「私は中古で買いましたが、その後、改造はしていません。政府の機関が入っているとは聞いたことがありません。ガスについては東京ガスに連絡してもらえませんか?音についてはマンションの管理会社にまずは相談して下さい? 管理会社の対応が悪い場合は、私の方から管理会社にも電話を入れます。汚物を投げ込まれる件については、申し訳ないのですが、警察に被害届を出して対応を相談してみてください。」

その後、女性は、わけのわからない話をこれでもか、これでもか、と始めた。
ある時、部屋を知らない人が訪問してきて罵声を浴びせたとか、ドアの隙間から死んだ大きな蜘蛛を投げ入れられたとか、自分は毎日政府の特別な機関に監視されている、など、うだうだと話し続けた。

あげくの果てに「このマンションは特定地域出身の人を差別する団体が入ったマンションじゃないのですか?」という始末。

店子の人権に関わる個人情報など、大家としては知る必要のない事です。知らされたとしても、スタンスは全く変わりません。

あくまで冷静に、「そういう話は聞いたことありません」と対応していると、今度は急に感情的な声で「ふくちゃんさんは、いい人ですけど、これがどういう意味の事か、全く分かっていません!」みたいな事を言い出した。

「○○さん、私は大家として、建物に不具合があった場合には責任をもって対応させて頂きますが、それ以外の個人的な事情については、残念ながら何もできません。また犯罪に関わるような事が仮にあったとしても、それは警察の仕事になりますので、私の方では対応することはできません。」と、あくまで冷静に応えた。

そんなこんなで、30分ほどでようやく開放されたのですが、
重た~い気持ちだけが残り

その後展開されるはずであった

熱くいきり立った情熱の時間


も、どこかへと失せてしまいました。
(なんのこっちゃ?)

さて、それから約1年。
7月の中旬頃、携帯に、再びその女性から電話がありました。

な、な、なんだよぉ~????


すると・・・

↓↓↓
↓↓


かもじゅうさん式に
「次回へ続く」

はい、次回を読みたい人がとるべき行動は?
わかりますよね?
(ブログランキングのコンプライアンス死守!)

さて、そんなわけで恒例の

ネタ拾いに来たのなら

礼にクリックくらいしていきなさいっ!



ランキング上位にいないと

啓蒙活動にならんのよ!

ぶひっ!ぶひっ!


↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

デザイン偏重への警鐘

最近、大家さんやブログの中で
見学会ネタが多いですね

完成してキレイに仕上がった建物の
その外見だけを見るならば
それはそれは
ステキに映るのでしょう

でも待ってください。
建物、特に収益用物件というのは
観賞用に飾っておくものではありません

長いライフサイクルの中で
少なくとも自分の考える「出口」までは

きちんと収益をもたらし
過酷な風雨、灼熱の日差し、極寒の積雪、地震にも耐え
その性能を保ち続けなければいけないのです

↓↓面白かったらクリックしねてね!!↓↓

人気ブログランキングへ

物件の感想記事など
様々なブログで紹介されていますね

特にこれから新築を建てたいと思っている大家さんなど
そのデザイン性に魅了され高い評価をする一方で

賃貸運営の長い大家さんは
もう少し現実的な視点、運用面での評価をするなど

その感想記事にも個性があって面白いです

そんな中で自分が読んだ記事の中で
一番的を得た評価をしているのが

こちらのkkenjiさんの記事

良い記事ですので是非読んでみてください

別に特定の物件の論評という記事になっていませんが
ふくちゃん、読んだ瞬間、ぴんと来ました。これは 

デザイン偏重への警鐘
 

なのです。
ですが、単なる批判記事ではありません

むしろ、これから巨額の投資を行い
自らリスクをとってチャレンジしようとする大家さんへの
暖かいアドバイスです

これからオーナーになろうとする方
色んな夢や希望や憧れや思い入れをもって
新築を建てようとすると思います

そんな中で、

「デザイン」という「感情」


の部分に負けずに、きちんと

「エンジニアリング」という「理性」


を保ってください、というアドバイスだと思います。

ずいぶん前ですが、とあるデザイナーズマンションを見学させて頂きました

オーナーは建築系の仕事をされている方ではないのですが
ご自身で熱心に勉強されCADの使い方まで覚えられて
自ら設計したプランでゼネコンに設計施工させたそうです

ですが出来上がった建物は、その後、様々なトラブルに見舞われオーナーさんも大変な苦労をされていました。

トラブルを一つ一つみていると、建築のイロハというか、とても基本的な事が無視されており、「べからず集」に出ている典型的な「やっちゃいけない事」があちこちに散見されました。

「このゼネコン、なんでこんな工事しちゃったのだろう?」というのが最初の感想でしたが、よくよくお話を伺うと、オーナーさんの強い思い入れに押し切られて、ゼネコンも言われるがままのデザインでやってしまった様です。

例えば、外壁とフラットに設けた玄関扉
外壁を伝った雨水が玄関ドアから建物に入り込み玄関土間へ浸水
しかも玄関土間とフローリングの間を段差なしで設計したので
その雨はフローリングにしみ込み、やがてカビへ

扉上部に庇を作ると格好悪いので設けない、それは良いとしても
せめて躯体とドアを多少でもオフセットさせて、躯体立下りから玄関扉上部の折り返し部分の躯体下端に水切りの溝を仕込んでおけば、そこで少しは緩和できたはずです。

また玄関床をフラットにしたいのは分かりますが、外部タイルと玄関土間の間(扉の外側)にグレーチングを設けて排水するとか、玄関土間とフローリングの間の框を人口大理石にして10mmでも20mmでも良いから段差をつくり、しっかりコーキングを打っておくとか、そういった工夫もできたと思います。

建築性能を犠牲にしてデザイン性を高める為には、それを補う為により多くのお金と手間と工夫が必要となります。

また収益性を高める為に高さ制限をかわしながら階数を増やそうとして
1階を前面道路より低く設計してしまった様です。
公設桝の管底部がかなり浅かった様で、大雨で公道の雨水本管から敷地内へ雨水が逆流
一階の住戸は冠水してしまい入居者は退去

一応、万が一を考えて排水ポンプは設けてあったのですが
完全に容量不足だったのでしょう。
降雨強度と伝達係数を用いて雨水計算したとは思えません。
しかも大雨で停電すると一発でアウト。


それでも一応、雨水排水横主管に逆流防止の為にチャッキ弁を設けたそうですが
チャッキ弁は本来縦管に設けるもので、横引き管に設けると、ゴミ噛みで簡単に機能しなくなります。

建物外壁はコンクリート打ち放し、部屋内の仕上げも打ち放し
壁式RC構造で壁厚を200mm程度とっていたので
熱貫流率と温度勾配の点から理論上は結露しないのでしょうけども
設計外気温湿度を外れる気象状況は最近では頻繁にあります

冬場も24時間暖房して室内側壁の表面温度を露点温度以上に保てればよいですが
一人暮らしでそんな事はありえず、部屋うちの壁は外出している間に冷え切ります
そんな状態で店子さんは帰宅して暖房つけて部屋内で洗濯物を干したり
冬は加湿器を使ったりお風呂の湯気が充満したり

表面結露は避けられません

一般の方々、デザインにはとっても興味あるみたいですが
それを実現する為に必要なとされる

環境計画設計、設備設計
 

の技術については殆どご存知ないと思います

都心で見られる「高い吹抜け空間のある前衛的な商業ビル」とか
「快適な温湿度が保たれた全面ガラス張りの建物」など
見た目だけオシャレに設計するのは簡単ですし
街中では普通に存在しています

ですがそのオシャレな建物を
「人が生活できる快適な温湿度空間」に保ち
されには「風雨、日差し、乾燥、積雪、地震等に耐えうる建物」にするには
高度な構造技術、施工技術、設備技術が必要です

そういった高い技術があって始めて、デザイン性の高い建物が
単なる「作品」でなく「建築物」として成立するわけです

「打ちっぱなし、おしゃれ~(ハート)」という記事の写真

良く見ると
「ジャンカ」や「マメ」だらけの汚い躯体

適当に左官補修してあったりするのを見て
あ~あ・・・・と思ってしまうのは
kkenji さんと自分だけではないと思います

まずは良いコンクリを打つことから。
コンクリは型枠に流し込むものではなく
「打つ」ものです。だから「コンクリ打設」といいます。

kkenjiさんが現場監督時代に「木槌を持って走り回っていた」のは
職人さんの頭を小突くためではありません。

自ら型枠を木槌で叩いて、コンクリートが隅々まで充填しているか
確認して走りまわっていたのです。コンクリまみれで汚れながら。

というわけで恒例の

ネタ拾いに来たのなら

礼にクリックくらいしていきなさいっ!



ランキング上位にいないと

啓蒙活動にならんのよ!

ぶひっ!ぶひっ!


↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ

追い討ち詐欺

塩辛い狼さんのブログや
大家の会のMLで
紹介されていたコラム

追い討ち詐欺みたいに感じてしまうのは自分だけでしょうか?

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

塩辛い狼さんのブログ記事に出ていました。
リンクはこちら不動産投資で自己破産続出のXデー近し?

まず笑えるのは、ご自身は「不動産投資はやらない」と語るところ。
その方が「個人の不動産投資は絶対に儲からない」と豪語。

まるで運転免許証を持たない自動車評論家みたいですね。

そもそも不動産投資と言っても色んなやり方があるわけで
そのあたりをひとからげに「不動産投資」とくくった上で
紋きり型で言い切るあたり
まるで金○実業の例の「破壊的・・・」と同じノリです。

もっともらしい事がたくさん書いてありますが
普段からブログランキングに出てくるブロガー記事を読んでる目でみると
どれもこれも、どっかのブログで見たネタ、言い回し、表現、内容。

自分で不動産投資やった事ないやつが
ブログ読み漁って得たネタを
さも知ったようにコラムに書いているわけで。
こういうのを「オタク」と呼びます。

さらに困った世間知らずちゃんで
地主を「選ばれし者」などと呼んでいるあたり。
儲かるのは地主と企業だけと言い切っています。

地主こそ大損こいて
親からもらった土地まで手放しているんじゃないですか?
ぶっとんだ法人も数知れず、それがバブルでしょ?
最近のプチバブルだってね~

川を泳いで渡ろうとする旅人を
川岸で高みの見物
旅人が上手く泳げないのを指差し笑うのみ
どうやったら上手に泳げるかなど
知る良しもなく
自分は川を渡ろうともせず
あれがダメだ、これがダメだと
評論ばかり

こういう輩いますよね~
ご本業はマクロ統計だそうで(笑)
高みの見物みたいな仕事ですからね。

卑怯なことに
「個人の不動産投資は絶対に儲からない」
と最初に断言しているので、失敗したやつらを指差し笑うだけで
どうやったら成功するかなんて
書かなくて良いという論法

そんな偉そうなお方が「信頼できるコンサル」として、
ナントカネッツを紹介していました。
おいおい・・・・
あそこで買って儲かった人、聞いたこと無いぞ~(笑)

だいたいさ、最初に「儲からない」と言っといて、何のためにコンサル紹介するんだよ?

どうがんばっても儲からないなら、コンサルなんて紹介しなくてもいいんちゃう?

怪しいコンサルが、無知で儲からない素人大家に、「どうがんばっても儲からないから、もう売っちゃいましょ~」とか言って大損切りさせて、転売用に鬼さし仕入れする為?

そういう無知大家に

あ~やっぱり。
自分だけでなくて、みんな儲からないのか~。
じゃあ、しょうがないな~
みんな損しているならいいか~
安くてもいいから売っちゃう~

そう思わせるのがクロージング?

困っているやつがいたら
そいつはカモだから
もっとムシリ取れ!
ってか?

「追い討ち詐欺」
という言葉

思いついてしまいました。

次回はシミュレーションでそれを検証してくださるようですが
これも○―ファの宣伝売り込みやるのでしょう(爆)

あんなもん、不動産投資素人のIT屋どもが、よってたかって世の中のソフトをパクリまくって作っただけじゃん。

くだんの記事の中で
「累積のキャッシュと売却後の損得との通算で投資の成否は決まってくる。これをIRR(キャッシュフローから算出した実質利回り、以降実質利回り)にして初めて投資価値が確定する。表面利回り10%が謳われる実質利回りは3%程であるという現実。」
とありますが

おいおい、Equityと期間設定しないと、IRRなんか出ないだろう? 投資っちゅうのは時間軸で考える、町の本屋に並ぶ入門書にでも出とるぞ? 表面利回り10%でローン組んだ場合の実質手取りCF3%と混同してへん?

こんな素人みたいな間違った事かいちゃうあたり、自分でちゃんと計算せず、どっかの本の知識を消化不良で流し飲みしているからでしょうか。

というわけで恒例の

ネタ拾いに来たのなら

礼にクリックくらいしていきなさいっ!



ランキング上位にいないと

啓蒙活動にならんのよ!

ぶひっ!ぶひっ!


え? そう言う ふくちゃん?

ちゃんと儲かってるのって?

えへへ・・・ナイショ

ぶひっ! ぶひっ!

↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ

退去の誓約書

近隣の迷惑男が署名し三文判をついた
「お詫び並びに誓約書」
こいつを使って賃貸管理会社とナシをつける。

目的は一つ。

この男をこのマンションから追い出すこと。


情けは無用。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

都心のとある雑居ビルの5階
デベの子会社が運営する賃貸管理会社がある
できの悪そうな若い社員が手際悪く仕事している事務所。

これまで何度も奴の件で苦情を申し入れたが、直接の管理契約がない為、なしのつぶて。
ふざけた会社と思っていたが、最近これまでの支店長が辞めて態度が変わった。

出てきたのは、新しい支店長A氏と案件を担当してきた営業部長代理Y氏
これまで、こちらも何度もクレームの電話を入れてきたせいか、
こちらが何者か分からない為か、両氏とも顔がこわばっている。
「下階のオーナー」としか伝えていない。

賃貸業用の名刺を差し出した。
士業の肩書きが二つ記載されている。
相手も少しは安心したようだ。

氏らによると、男は入居してほぼ10年。
両隣の部屋がすぐに退去してしまう。賃貸付けてもすぐ退去。
男が原因と分かり何度か申し入れしたが話にならない。
6年ほど前から両隣はずっと空室。
埋まらないのではない、埋めていないのだ。
賃貸募集を止めてしまったのだという。
オーナーに家賃保証しているので、800万円程の持ち出しだろうか。

ふ「追い出してあげますよ」
A氏・Y氏「・・・・・(絶句)・・・・・」
ふ「大丈夫ですよ、非合法なマネはしませんから」

意味が分からないらしい。

氏らによると、会社の法務部もお手上げ。裁判を起こしても勝てそうにないという結論。
物的証拠が残らない。被害立証が難しい。証言協力が得られない。
被害者証言がないと訴訟を起こせないが、退去した近隣は怖がって協力しない。

まあ、そうだろう。そんな事はこっちも最初から分かっている。

氏らによると、何回か若い社員を空室の両隣に夜中張り込ませたりもしたようだが、成果が出ず、あきらめて放置しているとのこと。

ふ「皆さんが何年かかってもできなかった事が、私にはできます」
先日、男に判子をつかせた「お詫び並びに誓約書」を見せた。
ふ「もう追い出す筋書きは出来ているんですよ。」

具体的な筋書きを、こいつらに教えるつもりなど毛頭ない。
途中で茶々入れされても困る。条件だけ伝えた。

1. 退去の期限は12月末
2. 交渉中は横やりを入れない
3. 賃貸管理会社から奴に損害賠償請求をしない
4. 奴から賃貸管理会社に対しても退去費用は請求させない
5. 敷金と現状回復は東京ルールでやる
6. その他(企業秘密なのでナイショです)

翌週の日曜日の夕方、男に電話した。

ふ「○○さん、やっぱりあんた、よそへ引越ししたほうがいいよ。これからちょっと会って話そうか?」

一時間近く電話で話した後、男は会って書類に印を着く事に応じた。
書類は予め作ってある。

タイトルは

「退去の誓約書」


○○賃貸センター株式会社 
XX支店 御中

私は、下記を条件として現在居住する「△△マンション」XXX号室を退去する事をここに誓約します。

1. 退去期限は平成23年12月31日までとします。
2. 本誓約書とは別に賃貸借契約書に定める手順に従い、入居者からの退去通知を行います。
3. 家賃支払い、現状回復義務、その他、賃貸借契約書に定められた入居者の義務を全うします。
4. 敷金の精算は、賃貸借契約書の定めに従うこととします。
5. 退去に伴い私からの費用請求は一切致しません。
6. ○○賃貸センター株式会社が、賃貸借契約書の定め以外の事由で、損害賠償請求等を行わない事を退去の条件とします。

平成   年    月    日
○○県XX市○○○xx-xx
△ △マンションXXX号室
入居者        印

物件近くのファミレスで待ち合せた。
男は二通の紙に印を押すと、ふくちゃんに礼を言って帰って行った。

翌日、一通を簡易書留で賃貸管理会社へ送った。
営業部長代理Y氏から連絡があった。
「男からも本日、退去の通知がありました。ありがとうございました。」

男が何故おとなしく退去に応じたのか?
何故、追い出しかけた相手に、最後は礼まで言って帰って行ったのか?
その秘密を知りたい人は

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

最近、とある不動産投資コンサルと称する連中が、家賃滞納撲滅キャンペーンなどと称して、定価31,500円を15,700円などと言って、滞納常習犯から家賃取り立てる商材を売っているらしい。早ければ1ヶ月、長くても1年で解決などと嘯いているが。

そんなもんクソの役にも立たないよ、紙っぺらだけで勝負できるなら、プロの連中がなんで何年も苦労するのかって。

素人がマニュアル見たぐらいて

簡単にできるかって。

プロを舐めるなよっ! 

って、あれ? ふくちゃん、

ただの素人大家でした(笑)


まったく・・・

ぶひっ!ぶひっ!

↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ

不良入居者を追い出す

滞納を繰り返す不良入居者を
どうやって退去させるか?
そんな事に頭を悩ます崖っぷち大家さんへ

申し訳ないですが、そんなの簡単じゃないですか?
自分の店子なんだから、さっさと追出しちゃいなさいよ?

ふくちゃんなんて、自分の店子でなく、
同じ区分マンションのよその入居者、追出しかけてますから。
ちなみに自分の入居者は全員優良です。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

某ワンルームで有名なデベが建てて、系列子会社が建物管理、別の子会社が家賃保証で賃貸管理やっている区分マンションの話です。

自分、3階に2部屋続きで持ってます。中古で買った時、デベ系列会社の賃貸管理を外し、自主管理でやってます。

そのうちの一部屋の店子(大学2年男)が、よその店子(上階)の嫌がらせが原因で、去年の2月、最初の更新時に退去してしまいました。日頃から上階から壁床を叩く音がしていて煩いと感じていたが、ある日、自分の部屋の玄関ドアを蹴られ、別の日には玄関呼鈴がなったので出ると、どの部屋の住人か分からないが、ガテン系の男に「テメーうるせえんだよ」と怒鳴りつけられたとのこと。もう怖いから出るという。

入居者が騒いだり問題起こした場合も、一棟ものを自分で持っていれば、どうにかなるのですが、区分の場合は問題を起こしているのが他人の店子なので厄介です。まず、問題を起こしている相手が、どの部屋の何者かもわからない。なので注意もヒヤリングもできない。建物管理会社や賃貸管理会社に行っても、真面目に対応しないケースが殆ど。個人情報保護を建前に、周囲の部屋の店子情報も開示しないし、各部屋のオーナーの連絡先も教えない。せいぜい、掲示板に注意を告示したり、各部屋にチラシを入れる程度。

たまたま繁忙期だったので、ちょいちょいとプチデザイナーズリフォームして
さっさと女子大生の店子をつけましたが、今後の事もあるので対策を講じた。

自分の店子からのヒヤリングから、直上階の奴であろう事は間違いなかったので、直接訪問して呼鈴を鳴らし、メンチ切ってナシをつけました。このあたりは以前のブログ(消去しちゃいましたが)でも書いた通りで、しばらくはおとなしくなったのですが、こいつが、今年の6月にまたやらかした。

3階のもう一人の店子(OLさん)から、ふくちゃんに電話。
何者かが玄関のドアをもの凄い勢いで蹴っていった。
怖いので実家(同じ沿線)に避難している。

今回は、ふくちゃんも、ぶち切れ。
上階の奴を追い出す事にした。

まず建物管理会社にガンガン文句。詳しい内容は書けないが、とにかく上階の奴に直接会って来い、警察呼んで被害届出せ、近隣にヒヤリングしろといった基本的な事をやるよう指示。新しい担当が真面目な人だったので、対応はしてくれたが、どうもラチがあかないらしい。ちなみに、他の部屋からもドア蹴り被害が管理会社に報告されていた模様。

ふくちゃんも、すぐに上階の奴を訪問してインターホンをピンポン。
前回は扉を開けて面談できたが、今回はインターホンから出てこない。
ふくちゃんが怖くて、ビビッているのだろうか?
インターホン越しに30分以上押し問答の末、「日頃から気に入らない事があると、床や壁を蹴ったり叩いたりしていた」事を自白させた。きっちり録音して証拠として残した。(ドア蹴りは否定)。

これを元に、賃貸管理会社にも連絡。
詳細はブログには書けないが、賃貸管理会社として動かざるを得ない状況にした。
と同時にオモシロい情報が見えてきた。

問題の入居者の両隣の部屋、かれこれ6年以上ずっと空室とのこと。
正確に言うと、空室のまま現在では賃貸募集すらしていないとのこと。
理由は見えている。
店子を入れてもすぐに退去してしまう為、賃貸募集が続けられないからだろう。
なるほどね、こりゃーオモシロい絵が描けるな・・・

後日、問題の入居者の部屋を夜20時に訪問。本当はもっと早くしたかったが、平日仕事の後なのでギリギリ。22時過ぎての訪問は後々問題になるので避けたい。今回は証人とすべく建物管理会社の担当も動向させた。

呼鈴を何回か鳴らすが、奴はインターホンに出ない。いるのはわかっている。ガス湯沸し器が動いていた形跡がある。30分以上呼鈴を鳴らし続けでも出てこない。そこで玄関の戸を叩いたり(良識の範囲の強さで)、呼鈴押したり、建物管理会社の担当から奴に携帯に電話入れさせたり。
それでも出てこない。

既に45分経過。
さーて、ちょっと手荒に行くか。
ただし、合法な範囲でね(はーと)

新聞受けを押し広げ、部屋内に向けて叫んだ。

「おーい、○○さんよぉ、会って話しようやぁ?」 
「よう、○○さんよぉ、いるんだろう? 出といでよ?」

何回か台詞を微妙に替えながら、屋内に向って叫び続けると、玄関に向って歩いてくる気配。管理会社の担当に目配せして身構える。

ドアが開いた。
怒り狂った形相の男が出てくるなり怒鳴った。

「おりゃー、てめぇ、なんじゃぁ? 

うるせぇぞぉ? なめてんじゃねぇぞぉ?」


(続く)

続編を読みたい人は

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

ランキング上位にいないと

啓蒙活動にならんのよ!

ぶひっ!ぶひっ!

↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ
プロフィール

ふくちゃん

Author:ふくちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。