スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目から鱗の追い出しテクニック

なんて書くと、アクセス増えるのでしょうか?(ね?塩辛い狼さん?)

10年間に渡り近隣を退去させ続けてきた迷惑男
最後に「礼」まで言って「退去の誓約書」に判をついたその理由とは?

目からうろこ・・・なんて落ちません。

基本に忠実にやること

 
↑ これ、ふくちゃんの、全てにおけるポリシーです。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

最初にお断り。
ワタクシ法律のプロではありません。
ですので、ここに書いてある事は、かなり怪しくてヤバイ事です。
危険ですので、絶対にマネしないでください。

さて、みなさんが知りたいポイント
「どうやって?」
特別なテクニックはありません。
サラリーマン業務を通じて培った常識、ネゴシエーションスキル、コーチングスキル、など使っただけです。普段、何気なく業務でやっていること、実は使い方次第で凄い事できるんですよ。着眼点の問題なので、意外と気付かないのですが・・・・

後はやっぱり赤羽不動産社長の日頃からの教育(?)でしょうか(笑)

別に「あっと驚く」とか「脅威の裏技」とかありません。
「どうしたら喜んで退去するか」を分析して、そうしてあげただけ、なんです。

① 退去しないとヤバイ事になると思わせる
② 退去ができる環境を作ってやる
③ そっと・・・でなく、強く背中を押してやる

以上です。難しいのは最初の①の段階。
ここは、かなりグレーゾーンンなコミュニケーションとなります。

そこで大切なのが、コンプライアンスを守ること。
脅迫じみたものの言い方はダメ。
万が一、司法が絡んできたときに自分が不利になる言動は一切とらないこと。
その中で、どうやって相手をコーナーに追い詰めるかが勝負。

そこで役に立つのが、やはり物的証拠なんですね。

今回の場合、相手がちょいお馬鹿だったので、壁床を叩いたり蹴ったりしていた事を自ら認めていたので、それを録音しておきました。「録音は法的には無意味」なんて強がる人もいますが、証拠としてどう扱うかは司法が決める事ですので。

あとは先に書いたブログの通りですが、途中でとった「お詫び並びに誓約書」は以下の通りです。先に自分で作成印字して、相手に署名捺印させました。

お詫び並びに誓約書

神奈川県xx市○○xx-xx
○ ○マンション 3XX・3YY室
オーナー ふくちゃん 様 

近隣騒音に対する私の勘違いにより、下階3XX号室ならびに3YY号室に居住する入居者に対し、床・壁を叩く・蹴るなどの迷惑行為を繰り返すことにより、これまで大変迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。ここに心からお詫び申し上げます。
今後はこのような迷惑をかける事の無い様に致します。またふくちゃん様の所有する部屋の入居者に対して何か申し出等がある場合には、入居者に対して直接申し出るのではなく、まずはふくちゃん様に御相談する事とし、入居者には今後一切ご迷惑をおかけしない事をここに約束致します。

平成   年    月    日

XX県○○市○○xx-xx
○○マンション4YY室 
入居者            印

「受忍限度を越える行為を繰り返し行ってきました」と本人に認めさせたのですから、あとは煮るなり焼くなりやりた放題です。

で次が②の「相手が退去できる環境を作ってやる」

夜中2時間近くウダウダ話している中で、合間を見ながらさりげなく情報収集していました。

一つ目は、奴の払っている家賃が周辺相場より相当高いという事。周辺が55000円くらいなのに(ふくちゃんとこは59500円、えっへん)、10年前の家賃のまま、67500円も払っていたんですね。だから「同じ広さなら家賃15000円くらい浮くよ」というインセンティブを見せてやったこと。引越し費用くらいすぐに回収できるよ、と。

二つ目は「引っ越す金がない」。弁護士雇う金、訴えられたらどうなるか、なんて話をしてやる中で、いくら説得しても手持ち資金がなくて動けないという事が分かる。それなら手土産用意してやれば良いだけなのだが、それは最後まで隠しておく。

最初は「裁判になったら負けるよ、そうしたら弁士費用はもちろん、賃貸管理会社の逸失利益まで訴えられて大変なことになるよ」と相手の心配だけ煽っておきました。

あとは、一週間も不安を抱かせて熟成させておけば、勝手に美味しく醗酵してきます。

最後の交渉でまいた餌が
「俺がちゃんと敷金戻るようにしてやるよ」
「退去さえすれば、それ以上訴えないように話はつけてある」

上記二点は事前に賃貸管理会社と合意調整済みだったが、最後まで相手には見せず隠しておいたネタ。

そしうて、アットホームに出ていた沿線の同じ程度の物件を何件か印刷したのを用意して
「ほーら、こんなに安い物件いっぱいあるんだから、引っ越したほうが得だよ~」
と鞭の後で最後に飴を揚げたわけです。

相手からしてみれば、ふくちゃん、救世主に見えたわけですよ。

今回はヒヤリングしながら絵が描けたので上手く行きましたが、毎回こう行くとも限りません。アプローチの仕方はケースバイケースですが、交渉ごとで大切な事は、みんながハッピーになれるシナリオを考える事。そして、

誠実かつしたたかに交渉すること


今回途中で気付いたのは、奴にとっても引っ越すことが一番幸せな解決方法なのだろうなと思ったこと。そして考えたのが、どうやって奴にそれを気付かせるか。

優しく言うより、ガツンとやった方が伝わる場合もあるという事です。それが③の「そっと・・・でなく、強く背中を押してやる」。

「なんで俺が引っ越さなきゃいけねーんだよ? 悪いのは回りのやつだ」という超我侭な男にいう事きかせるためには、ガツンが必要です。このあたりは、さじ加減が大事。

追い出しなんて、下手にやると訴えられたり刺されたり。
追い出しは感謝されるようにやらないとね。

え?一人泣いている人がいるって?
はい、奴の部屋のオーナー大家ですね。

10年前の家賃が現在の周辺相場に下がるわけですから(爆)

えへへ・・・ごめんね。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

退去の誓約書

近隣の迷惑男が署名し三文判をついた
「お詫び並びに誓約書」
こいつを使って賃貸管理会社とナシをつける。

目的は一つ。

この男をこのマンションから追い出すこと。


情けは無用。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

都心のとある雑居ビルの5階
デベの子会社が運営する賃貸管理会社がある
できの悪そうな若い社員が手際悪く仕事している事務所。

これまで何度も奴の件で苦情を申し入れたが、直接の管理契約がない為、なしのつぶて。
ふざけた会社と思っていたが、最近これまでの支店長が辞めて態度が変わった。

出てきたのは、新しい支店長A氏と案件を担当してきた営業部長代理Y氏
これまで、こちらも何度もクレームの電話を入れてきたせいか、
こちらが何者か分からない為か、両氏とも顔がこわばっている。
「下階のオーナー」としか伝えていない。

賃貸業用の名刺を差し出した。
士業の肩書きが二つ記載されている。
相手も少しは安心したようだ。

氏らによると、男は入居してほぼ10年。
両隣の部屋がすぐに退去してしまう。賃貸付けてもすぐ退去。
男が原因と分かり何度か申し入れしたが話にならない。
6年ほど前から両隣はずっと空室。
埋まらないのではない、埋めていないのだ。
賃貸募集を止めてしまったのだという。
オーナーに家賃保証しているので、800万円程の持ち出しだろうか。

ふ「追い出してあげますよ」
A氏・Y氏「・・・・・(絶句)・・・・・」
ふ「大丈夫ですよ、非合法なマネはしませんから」

意味が分からないらしい。

氏らによると、会社の法務部もお手上げ。裁判を起こしても勝てそうにないという結論。
物的証拠が残らない。被害立証が難しい。証言協力が得られない。
被害者証言がないと訴訟を起こせないが、退去した近隣は怖がって協力しない。

まあ、そうだろう。そんな事はこっちも最初から分かっている。

氏らによると、何回か若い社員を空室の両隣に夜中張り込ませたりもしたようだが、成果が出ず、あきらめて放置しているとのこと。

ふ「皆さんが何年かかってもできなかった事が、私にはできます」
先日、男に判子をつかせた「お詫び並びに誓約書」を見せた。
ふ「もう追い出す筋書きは出来ているんですよ。」

具体的な筋書きを、こいつらに教えるつもりなど毛頭ない。
途中で茶々入れされても困る。条件だけ伝えた。

1. 退去の期限は12月末
2. 交渉中は横やりを入れない
3. 賃貸管理会社から奴に損害賠償請求をしない
4. 奴から賃貸管理会社に対しても退去費用は請求させない
5. 敷金と現状回復は東京ルールでやる
6. その他(企業秘密なのでナイショです)

翌週の日曜日の夕方、男に電話した。

ふ「○○さん、やっぱりあんた、よそへ引越ししたほうがいいよ。これからちょっと会って話そうか?」

一時間近く電話で話した後、男は会って書類に印を着く事に応じた。
書類は予め作ってある。

タイトルは

「退去の誓約書」


○○賃貸センター株式会社 
XX支店 御中

私は、下記を条件として現在居住する「△△マンション」XXX号室を退去する事をここに誓約します。

1. 退去期限は平成23年12月31日までとします。
2. 本誓約書とは別に賃貸借契約書に定める手順に従い、入居者からの退去通知を行います。
3. 家賃支払い、現状回復義務、その他、賃貸借契約書に定められた入居者の義務を全うします。
4. 敷金の精算は、賃貸借契約書の定めに従うこととします。
5. 退去に伴い私からの費用請求は一切致しません。
6. ○○賃貸センター株式会社が、賃貸借契約書の定め以外の事由で、損害賠償請求等を行わない事を退去の条件とします。

平成   年    月    日
○○県XX市○○○xx-xx
△ △マンションXXX号室
入居者        印

物件近くのファミレスで待ち合せた。
男は二通の紙に印を押すと、ふくちゃんに礼を言って帰って行った。

翌日、一通を簡易書留で賃貸管理会社へ送った。
営業部長代理Y氏から連絡があった。
「男からも本日、退去の通知がありました。ありがとうございました。」

男が何故おとなしく退去に応じたのか?
何故、追い出しかけた相手に、最後は礼まで言って帰って行ったのか?
その秘密を知りたい人は

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

最近、とある不動産投資コンサルと称する連中が、家賃滞納撲滅キャンペーンなどと称して、定価31,500円を15,700円などと言って、滞納常習犯から家賃取り立てる商材を売っているらしい。早ければ1ヶ月、長くても1年で解決などと嘯いているが。

そんなもんクソの役にも立たないよ、紙っぺらだけで勝負できるなら、プロの連中がなんで何年も苦労するのかって。

素人がマニュアル見たぐらいて

簡単にできるかって。

プロを舐めるなよっ! 

って、あれ? ふくちゃん、

ただの素人大家でした(笑)


まったく・・・

ぶひっ!ぶひっ!

↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ

他人の店子を追い出す

追い出しかけます。
騒音怒鳴り込みで何人もの近隣を退去させてきた
区分マンション上階に住む他人の店子
続編です。

危険ですから絶対にマネしないでください(笑)

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

怒り狂った形相の男が出てくるなり怒鳴った上階に住む他人の店子

「おりゃー、てめぇ、なんじゃぁ? 

うるせぇぞぉ? なめてんじゃねぇぞぉ?」


普通の人は、ここでビビって、ひるんじゃうんでしょうね。
相手は作業服姿の若い男。

自分若い頃、現場で、小指のない鉄筋屋の親方とか、そーゆー方々に可愛がられてたので、別にビビリません。すごんでも所詮素人、その筋の人ではないので。相手が怒れば怒るほど、こっちの思うツボ。なので、ふくちゃん、ニヤニヤしています。

ふ「おう、ようやく出てきたか?」
男「おりゃー、てめぇ! 人にうるせぇとか言っといて、散々ドア叩いて舐めとんかぁ?」
ふ「別に舐めてないよ。そもそも、ウルサイのはお前だよ(にやり)」
男「人を、お前呼ばわりするんじゃねぇぞぉ!!!」
ふ「おおそうか? じゃあ、なんて呼ぼうか? あんた?てめぇ?おたく?きみ?○○さん?(にやにや)」
男「ニヤニヤしてんじゃねぇぞぉ?こらぁ?夜中に何度もピンポン押しやがってしつこいぞぉ?こらぁ?」
ふ「あんたが出てこないからピンポンしたんじゃん?インターホンに出て、止めてくれって言えば、すぐやめたのになぁ?」
男「しつこくドア叩くのは、いいってのかよぉおおお!!!」
ふ「じゃあ、なんですぐに出ないの?(にやにや)まあ、話し、しようや?」

怒る男を適当にあしらいながら、訪問した理由を伝えた。男は怒鳴ったりワメイたり、「自分は悪くない、悪いのはゴーンとやっている誰かと、それを見つけない管理会社だ」などと繰り返す。

男が繰り返す戯言を聞きつつ、男がこれまでやって来た事が法律的にどういう意味を持つのか、こちらがどういう立場で動いていて、男に対してどういう事ができるのか、こちらが一人でなく組織で動いている事、男が同じ事をこのまま続けるとこの先どういう目に遭うのか、そういった事を1時間近くかけて話した。

適当に虚実を織り交ぜながら、こちらが握っているカードをちらつかせつつ、真綿で首を絞めるように相手をコーナーへ追い詰めていく。最初は威勢の良かった男が、段々おとなしくなる。そしてビビリだすのが見えてくる。ここまで来るとこちらのペース。

そして締めくくる。

ふ「この先、○○さんがどうなるのかは、○○さん次第なんだよ。」

長時間寒い玄関口で話し続けたせいだろうか?それとも震える身を誤魔化そうとしたのだろうか?男が体を震わせながら「寒い、寒い」とぼやくようになる。

ふ「このままじゃさ、このマンションにいられなくなるだけじゃなくてね、数百万円の損害賠償を請求される事になるかもね。裁判なんか起こされても、弁護士雇う金ないだろう?」
男「そんな金あるわけねーだろう。だけど俺だけ泣き寝入りしなきゃいけないのかよ?悪いのは、ゴーンってやってる奴だろう?」
ふ「俺としても○○さんを助けてやりたいとは思っているんだけどね、俺だけの問題じゃないからさ。まずはさ、○○さん自身がちゃんと反省しているって誠意をきちんと示せば、俺から先方に話してやってもいいんだけどさ。」

ふくちゃん、クリアファイルから1枚の紙を取り出し、男に渡した。

ふ「そんなわけでね、実はもう書類を用意してあるんだよ。どうする?ちょっと読んで見てくれよ。」
男「まあ、書いてある事に間違いはないし・・・・」
ふ「じゃあ、そこに○○さん、署名して判子ついてもらえないかな?」

男は素直に署名し三文判をついた。
判子をついた紙のタイトルは
「お詫び並びに誓約書」
あて先は、ふくちゃん。

さーて、こいつの運命は俺が握った。
次はこいつを使って、賃貸管理会社とナシをつけるか。

目的は一つ。
この男をこのマンションから追い出すこと。
情けは無用。

そんな事を考えつつ、マンションを後にした。

(続く)

続編を読みたい人は

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

ランキング上位にいないと

啓蒙活動にならんのよ!

ぶひっ!ぶひっ!

↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ

不良入居者を追い出す

滞納を繰り返す不良入居者を
どうやって退去させるか?
そんな事に頭を悩ます崖っぷち大家さんへ

申し訳ないですが、そんなの簡単じゃないですか?
自分の店子なんだから、さっさと追出しちゃいなさいよ?

ふくちゃんなんて、自分の店子でなく、
同じ区分マンションのよその入居者、追出しかけてますから。
ちなみに自分の入居者は全員優良です。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

某ワンルームで有名なデベが建てて、系列子会社が建物管理、別の子会社が家賃保証で賃貸管理やっている区分マンションの話です。

自分、3階に2部屋続きで持ってます。中古で買った時、デベ系列会社の賃貸管理を外し、自主管理でやってます。

そのうちの一部屋の店子(大学2年男)が、よその店子(上階)の嫌がらせが原因で、去年の2月、最初の更新時に退去してしまいました。日頃から上階から壁床を叩く音がしていて煩いと感じていたが、ある日、自分の部屋の玄関ドアを蹴られ、別の日には玄関呼鈴がなったので出ると、どの部屋の住人か分からないが、ガテン系の男に「テメーうるせえんだよ」と怒鳴りつけられたとのこと。もう怖いから出るという。

入居者が騒いだり問題起こした場合も、一棟ものを自分で持っていれば、どうにかなるのですが、区分の場合は問題を起こしているのが他人の店子なので厄介です。まず、問題を起こしている相手が、どの部屋の何者かもわからない。なので注意もヒヤリングもできない。建物管理会社や賃貸管理会社に行っても、真面目に対応しないケースが殆ど。個人情報保護を建前に、周囲の部屋の店子情報も開示しないし、各部屋のオーナーの連絡先も教えない。せいぜい、掲示板に注意を告示したり、各部屋にチラシを入れる程度。

たまたま繁忙期だったので、ちょいちょいとプチデザイナーズリフォームして
さっさと女子大生の店子をつけましたが、今後の事もあるので対策を講じた。

自分の店子からのヒヤリングから、直上階の奴であろう事は間違いなかったので、直接訪問して呼鈴を鳴らし、メンチ切ってナシをつけました。このあたりは以前のブログ(消去しちゃいましたが)でも書いた通りで、しばらくはおとなしくなったのですが、こいつが、今年の6月にまたやらかした。

3階のもう一人の店子(OLさん)から、ふくちゃんに電話。
何者かが玄関のドアをもの凄い勢いで蹴っていった。
怖いので実家(同じ沿線)に避難している。

今回は、ふくちゃんも、ぶち切れ。
上階の奴を追い出す事にした。

まず建物管理会社にガンガン文句。詳しい内容は書けないが、とにかく上階の奴に直接会って来い、警察呼んで被害届出せ、近隣にヒヤリングしろといった基本的な事をやるよう指示。新しい担当が真面目な人だったので、対応はしてくれたが、どうもラチがあかないらしい。ちなみに、他の部屋からもドア蹴り被害が管理会社に報告されていた模様。

ふくちゃんも、すぐに上階の奴を訪問してインターホンをピンポン。
前回は扉を開けて面談できたが、今回はインターホンから出てこない。
ふくちゃんが怖くて、ビビッているのだろうか?
インターホン越しに30分以上押し問答の末、「日頃から気に入らない事があると、床や壁を蹴ったり叩いたりしていた」事を自白させた。きっちり録音して証拠として残した。(ドア蹴りは否定)。

これを元に、賃貸管理会社にも連絡。
詳細はブログには書けないが、賃貸管理会社として動かざるを得ない状況にした。
と同時にオモシロい情報が見えてきた。

問題の入居者の両隣の部屋、かれこれ6年以上ずっと空室とのこと。
正確に言うと、空室のまま現在では賃貸募集すらしていないとのこと。
理由は見えている。
店子を入れてもすぐに退去してしまう為、賃貸募集が続けられないからだろう。
なるほどね、こりゃーオモシロい絵が描けるな・・・

後日、問題の入居者の部屋を夜20時に訪問。本当はもっと早くしたかったが、平日仕事の後なのでギリギリ。22時過ぎての訪問は後々問題になるので避けたい。今回は証人とすべく建物管理会社の担当も動向させた。

呼鈴を何回か鳴らすが、奴はインターホンに出ない。いるのはわかっている。ガス湯沸し器が動いていた形跡がある。30分以上呼鈴を鳴らし続けでも出てこない。そこで玄関の戸を叩いたり(良識の範囲の強さで)、呼鈴押したり、建物管理会社の担当から奴に携帯に電話入れさせたり。
それでも出てこない。

既に45分経過。
さーて、ちょっと手荒に行くか。
ただし、合法な範囲でね(はーと)

新聞受けを押し広げ、部屋内に向けて叫んだ。

「おーい、○○さんよぉ、会って話しようやぁ?」 
「よう、○○さんよぉ、いるんだろう? 出といでよ?」

何回か台詞を微妙に替えながら、屋内に向って叫び続けると、玄関に向って歩いてくる気配。管理会社の担当に目配せして身構える。

ドアが開いた。
怒り狂った形相の男が出てくるなり怒鳴った。

「おりゃー、てめぇ、なんじゃぁ? 

うるせぇぞぉ? なめてんじゃねぇぞぉ?」


(続く)

続編を読みたい人は

↓↓応援クリックお願いします↓↓

人気ブログランキングへ

ランキング上位にいないと

啓蒙活動にならんのよ!

ぶひっ!ぶひっ!

↓↓応援クリック↓↓
人気ブログランキングへ
プロフィール

Author:ふくちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。